パソコンとタブレットの違いとは?

パソコンとタブレットは似ているようで違いますので、違いについて知っておきましょう。

パソコンはキーボードやマウスで操作し、windowやMacのOSが採用されています。

パソコンの性能によっては、書類作成や画像動画の編集などの作業ができるため、ビジネスでもクリエイティブな作業でも有効的に活用できるでしょう。

11インチから15インチが一般的で、サイズが大きくなると持ち運びは難しいでしょう。

タブレットは音声通話ができない端末が多く、キーボードが使えるタイプがありますが、基本的にはタッチパネルで操作する事になるでしょう。

スマホと同じOSが搭載されている事が多く、スマホと同様にアプリを使用できるのです。

7インチから10インチが一般的ですから、机以外でも使用しやすいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA